秋桜舎

実務翻訳・翻訳支援技術・英語講習・日本語講習

実務日本語(トップ)

実務日本語の12の基本表記規則

 

以下は、実務日本語の12の基本表記規則です。ここでは、必要最低限の表記規則の要点のみを挙げていますが、これらの規則を適用するだけでも、表記のかなりの部分を統一できます。△は半角スペース、¶は改行を示します。

より詳しい規則については、『IT時代の実務日本語スタイルブック』で説明しています。

  正しい例 誤った例
行の途中で改行しない(内離ルール) これは正しい書き方です。 これは誤っ¶
た書き方で¶
す。
英数字は半角で表記する(内離ルール) 5248 5248
半角文字と全角文字の間に半角スペースを入れない(内離ルール) ISO標準 ISO△標準
スペースは1つ(内離ルール) 1.△最初に…… 1.△△最初に……
敬体(です・ます)を使用する 文章には一貫性が必要です。 文章には一貫性が必要だ。
カタカナ複合語は分かち書きをする(分書ルール) インターネット△サービス△プロバイダー インターネットサービスプロバイダー
半角で表記する記号 ., .,
全角で表記する記号 ?!:()[]/ ?!: () []/
句読点は「、」と「。」を使う これは、正しい表記です。 これは,誤った表記です.
和文中で使用しない記号 「知識」の定義、「文化」の定義。 "知識"の定義;"文化"の定義。
送りがなは本則に従う 組み合わせ
引き取る
組合わせ、組合せ
引取る
カタカナ語の語尾の長音は省略しない マネージャー
セキュリティー
ユーザー
マネージャ
セキュリティ
ユーザ