秋桜舎

実務翻訳・翻訳支援技術・英語講習・日本語講習

用語集形式UTX(トップ)

UTX関連のツール

下記のツールでは、UTX形式用語データを使用することができます。UTXに正式対応していないツールであっても、ほとんどの場合は最小限の修正で使えます。UTX公式サイトのツール紹介ページもあわせてご覧ください。

用語ツールGlossary Converter 4.0

ExcelなどとMultiTerm用語ベースを、ドラッグ アンド ドロップするだけで相互変換するツールです。Glossary Converter 4.0では、UTX 1.11がサポートされています。無料でどなたでもダウンロードできます。

UTXが直接MultiTerm用語ベースにでき、またMultiTerm用語ベースからUTXへの変換もできます。UTXで独自のフィールドを定義している場合は、変換時に割り当てが必要になります。UTXヘッダー内のコメントも用語ベースの「詳細情報」に保持され、著作権情報も変換されます。

UTX変換ツール(正規化ツールを含む)

UTX変換ツールは、AAMTが開発された、UTX形式と各種の用語形式を相互に変換するツールです。UTX形式の構造が正しいか検証する正規化機能を含みます。Sorceforgeでオープン ソースのプロジェクトとして公開されており、ツールは無料で入手できます。

用語ツールApSIC Xbench

公式ページ ApSIC Xbenchバージョン3.0(有償)ではUTXを直接サポートしています。旧バージョン2.9は無料で使用できますがUTXは公式にはサポートされていません。ただ、以下の点に注意するだけで、UTX用語集を使うことができます。

  1. UTXファイルの文字コードをUTF-8 BOM付きにしておきます。Xbench 2.9では、UTF-8でもBOMが付いていないと文字化けしてしまうので注意してください。「メモ帳」でUTXを開いて保存し直す際に文字コードを指定できます。
  2. Xbenchに追加するファイルの種類として、"Tab-delimited Text File"を指定します。
  3. ドラッグ アンド ドロップ以外でUTXファイルを開くときは、[ファイルの種類]で[All Files (*.*)]を選択すると、*.utxファイルが表示され、選択できるようになります(なお、これはExcelでも同様です)。

Xbenchで訳語チェックをする

Xbenchを使用すると、UTX形式の用語集(用語データ)などと照らし合わせて、用語が正しく翻訳されているか確認できます。

SDL Trados Studioを使用している場合、Studioの用語検証でも訳語チェックはできます。Xbenchを使うのは以下のような場合です。

以下はその手順の一例です。

  1. [Project]→[New]で、プロジェクトを新規作成します。[Project properties]ダイアログが自動的に開きます。

  2. UTXなどチェックに使用する用語集を指定します。ファイルは、[Glossary List]にドラッグ アンド ドロップできます。チェックに使用する用語集では、[Key Terms]のチェックをオンにします。[Priority]は[High]にします。

  3. チェック対象のファイルを指定します。複数のファイルを一時にチェックできます。ここでは1つのsdlxliffファイル(Tradosの訳文側のバイリンガル文書)をチェックすることにします。チェック対象のファイルの言語ペアが、前項で指定した用語データの言語ペアと一致するように注意してください。ここでは、両方とも英日です。ファイルは、[Glossary List]にドラッグ アンド ドロップできます。[Type]は"Trados Studio File"として認識されています。チェック対象のファイルでは、[Ongoing Translation]のチェックをオンにします。

  4. この時点で、必要に応じてプロジェクト ファイルを保存することもできます。

  5. [QA]タブに切り替えます。[Check group]で[Content]を選び、[List of Checks]で[Key Term Mismatch]のチェックのみをオンにします。

  6. [Check Ongoing Translation]ボタンをクリックします。チェックの結果が表示されます。この場合、「AAMT・UTX用語集 (UTX 1.11).utx」によると、原文がentryの場合、訳文は「項目」という訳語が必要になります。しかし、実際の訳文では「項目」という訳語を使わない訳になっていたために、指摘がされたわけです。

 

翻訳メモリー ツールOmegaT

公式ページ  無料で使用可能。

用語集としてそのままで使用可能(エンコードはUTF-8)。