DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講

DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講中です!

翻訳の学習や仕事は日々、手探りでしていることが多くありませんか?

本講座では、実践的内容を満載しており、翻訳の仕事に確実に役立てることができます。パソコンに自信がない人でも大丈夫。分かりやすく解説しています。

詳細とお申し込みはこちらから

商品性セクションのトピックの例

  • 原文および技術的原因による問題
  • 悪訳とその直し方
  • コーパスの活用
  • 訳文を読みやすくするための日本語作文
  • 翻訳支援ツールの実践(Memsource、SDL Trados)
  • ポストエディットの実践

知識・調査力 セクションのトピックの例

  • 仕事を得る流れ
  • トライアル合格を目指す
  • コーディネーター(プロジェクト管理者)の仕事
  • 文書の構成を理解する
  • Wordの高度な活用
  • 専門分野の調査
  • 自分のウェブサイトを作る
  • 用語集を作る

詳細とお申し込みはこちらから

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」を執筆

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」が開講しました。

「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」の続編です。

  • 「スタイルガイド、翻訳支援ツール、HTML、XMLってなに?」
  • 「Wordがうまく使えない」
  • 「音声で文章をチェックできるの?」
  • 「機械翻訳って翻訳の仕事で使えるの?」

そういった疑問にお答えします!

私は 「知識・調査力」/「商品性」セクションを執筆しました。翻訳実務にすぐに役立つ具体的なノウハウを基礎から解説しています。

初心者の方が主な対象ではありますが、IT活用が苦手な方、不安がある方にぜひ受講いただければと思います。

続編「ゼロからの翻訳3」も2020年に開講しました。

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」を執筆

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」が開講しました。

私は 「知識・調査力」/「商品性」セクションを執筆しました。翻訳実務にすぐに役立つ具体的なノウハウを基礎から解説しています。

初心者の方が主な対象ではありますが、IT活用が苦手な方、不安がある方にぜひ受講いただければと思います。

続編である『ゼロからの翻訳2』『ゼロからの翻訳3』もそれぞれ開講中です。

『Japio YEAR BOOK 2017』にニューラル機械翻訳活用について寄稿

『Japio YEAR BOOK 2017』で「ニューラル機械翻訳に対する特許庁UTX用語データによる用語ポストエディット」という記事を寄稿しました。全文を無料でお読みいただけます

その他の記事やバックナンバーはこちらから

【翻訳】SDL Trados Studioブックレットが公開

Trados-booklet

新しいSDL ‪‎Trados‬ Studio公式のスタートアップ ブックレットが公開されました(作成は秋桜舎 )。無料でダウンロードできます。Studio 2015で導入された新機能を含め、詳しい機能の説明もしています。

ぜひご活用ください!

Japio(日本特許情報機構)のYear Book 2014に寄稿

_P1M0059-2k

Japio(日本特許情報機構)のYear Book 2014に寄稿しました。「用語集形式UTX の現況と実務日本語・百半ルール」で、変換ツールを含むUTXの最近の成果、UTXとISOとの今後の関係、機械翻訳と翻訳支援の関係、シンプルで現実的な日本語改善手法としての百半ルールを紹介しています。

『通訳翻訳ジャーナル』2015年冬号に「エクセル用語集の作り方・使い方」を寄稿

通訳翻訳ジャーナル』2015年冬号に「エクセル用語集の作り方・使い方」という記事を寄稿しました。

_DSC7472-svga

調べものは、翻訳で最も時間のかかる作業ですが、専門用語を集めた用語集は、調べものの手間を軽減してくれます。ところが、用語集を作ること自体が敬遠されていることが多いものです。Excelをうまく使うと、手軽に用語集を作れます。

出版社・編集者の方で、翻訳・英語学習についての記事執筆のご要望がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

『産業翻訳パーフェクトガイド』でSDL Trados Studio 2014を紹介

『産業翻訳パーフェクトガイド』最新版でSDL Trados Studio 2014の紹介記事を執筆しました。

_DSC6633-svga

私の記事は 『通訳・翻訳ジャーナル』2014年冬号とほぼ同じですが、Trados以外のツールの情報、翻訳者の仕事場、書類の書き方など実用的な最新記事が揃っています。

SDL Trados Studio 2014の記事を執筆

『通訳翻訳ジャーナル』(2014年冬号)にSDL Tradosの最新版Studio 2014の記事を寄稿しました。

_DSC3720-svga

Tradosってなに?という初心者の方向けの解説から、Studio 2014の新機能のツボまでご紹介しています。リボンをうまく活用するコツは、Office 2007以降にも応用できます。リボンの使い方を見直してみると、意外な発見があるかも。翻訳工学ページでもリボンの活用法を紹介していく予定です。

「翻訳を改善する秘策(発注企業向け)」を公開

春のひかり

みんながハッピーになれる「翻訳を改善する秘策(発注企業向け)」を公開しました。どうすれば発注企業の方がチェックの手間を減らせるのか? 発注企業の方がトクをするのはもちろん、翻訳者や翻訳会社にもいいことがあるはずです。