AAMT機械翻訳課題調査委員会とUTX

2019年3月20日は、AAMT(アジア太平洋機械翻訳協会)機械翻訳課題調査委員会の最後の会合でした。この委員会は、AAMTの体制変更に伴い解散することとなりました。関係者の皆様、長い間お疲れ様でした。

私は2006年からAAMTに参加し、その後、ワーキンググループ3「標準化」のリーダーとして用語集形式UTXの策定を行いました。AAMTでは、言語処理学会、情報処理学会MT Summitなどでの発表をしたほか、ISOの委員としても国際会議で発表させていただきました(UTX関係の発表)。

UTXやUTXに基づく用語データは、企業や官庁で用語管理に活用いただいています。

用語データは翻訳での縁の下の力持ちであり、表舞台に出ることはありません。残念ながら日本では用語管理の考え方は未だに十分に浸透していません。 ニューラル機械翻訳の時代でも、特に技術翻訳・実務翻訳で、用語管理は、翻訳品質を維持するうえで最重要の要素です。

委員会の解散に伴い、UTXの標準化活動は終了します。これまで策定されたUTX用語データは今後とも問題なくお使いいただけます。

UTX仕様書等の使用許諾は、Creative Commons 4.0 BYからCC0 1.0(パブリック ドメイン)に変更され、こちらもどなたでもお使いいただけます。当面はAAMTウェブサイトで継続して公開されます。

UTX簡易仕様書(3ページ)を公開

用語データ形式UTX簡易仕様書の日本語・英語版をAAMTで公開しました。

UTXの最小限の基本をわずか3ページにまとめた仕様書です。

翻訳、 機械翻訳 、技術文書で専門用語をうまく扱いたい方は必見。

シンプルな用語データ形式といいながら詳しく説明したいがために38ページになっていた仕様書を思い切って短くしました。

UTXの詳細を知るには、公式仕様書をご覧ください。

MTフェアにご参加いただきありがとうございました

昨日のアジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)MT(機械翻訳)フェアにご来場いただいたみなさま、お疲れさまでした。

20140617_201905_Android

予想以上のご来場で、会場が満席となりました。MTについてはいまだに誤解が根強く、まだまだ大きな情報ギャップがあります。MT開発者とMT利用者の間の溝もまだ深いままです。どちらか一方ではなく、はっきり言いますと両方とも誤解している点があるように感じます。先入観を捨て、さまざまな意見に耳を傾けて情報収集をされ、議論を深められるとよいのではないかと思います。

来年も同時期に同じ場所で開催されるはずですので、今年来られなかった方はぜひ来年どうぞ!(会場は広くなるかもしれません)

第1回AAMT機械翻訳フェア(MTフェア)

_DSC1712-sxga

6/17午後に、第1回AAMT機械翻訳フェア(MTフェア)が開かれます。招待講演の他、各社によるブース展示があります。どなたでも無料で参加いただけます。
会場は東京都港区海岸1-11-2 ホテルアジュール竹芝です。

第1回AAMT機械翻訳フェア(報告会・展示・講演会・AAMT長尾賞授与式) 14:00~18:00

招待講演    15:20~16:50
「外国人旅行者の受入体制整備と機械翻訳の可能性」    日本政府観光局(JNTO) 事業連携推進部 観光情報戦略室長    山田 洋氏
「機械翻訳を使いこなす ~品質と生産性の向上のために~」    株式会社ヒューマンサイエンス ドキュメントソリューション部    徳田 愛氏

懇親会(参加費 5,000円) 18:00~20:00

プログラムの詳細と申し込みはこちらからどうぞ。

(2014/6/4追記:各社・各組織による展示内容も更新されています。)

写真は、懇親会会場の、夜景が美しいフレンチレストラン「ベイサイド」からの眺めです。

お誘いあわせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。