DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講

DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講中です!

翻訳の学習や仕事は日々、手探りでしていることが多くありませんか?

本講座では、実践的内容を満載しており、翻訳の仕事に確実に役立てることができます。パソコンに自信がない人でも大丈夫。分かりやすく解説しています。

詳細とお申し込みはこちらから

商品性セクションのトピックの例

  • 原文および技術的原因による問題
  • 悪訳とその直し方
  • コーパスの活用
  • 訳文を読みやすくするための日本語作文
  • 翻訳支援ツールの実践(Memsource、SDL Trados)
  • ポストエディットの実践

知識・調査力 セクションのトピックの例

  • 仕事を得る流れ
  • トライアル合格を目指す
  • コーディネーター(プロジェクト管理者)の仕事
  • 文書の構成を理解する
  • Wordの高度な活用
  • 専門分野の調査
  • 自分のウェブサイトを作る
  • 用語集を作る

詳細とお申し込みはこちらから

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」を執筆

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」が開講しました。

「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」の続編です。

  • 「スタイルガイド、翻訳支援ツール、HTML、XMLってなに?」
  • 「Wordがうまく使えない」
  • 「音声で文章をチェックできるの?」
  • 「機械翻訳って翻訳の仕事で使えるの?」

そういった疑問にお答えします!

私は 「知識・調査力」/「商品性」セクションを執筆しました。翻訳実務にすぐに役立つ具体的なノウハウを基礎から解説しています。

初心者の方が主な対象ではありますが、IT活用が苦手な方、不安がある方にぜひ受講いただければと思います。

続編「ゼロからの翻訳3」も2020年に開講しました。

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」を執筆

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」が開講しました。

私は 「知識・調査力」/「商品性」セクションを執筆しました。翻訳実務にすぐに役立つ具体的なノウハウを基礎から解説しています。

初心者の方が主な対象ではありますが、IT活用が苦手な方、不安がある方にぜひ受講いただければと思います。

続編である『ゼロからの翻訳2』『ゼロからの翻訳3』もそれぞれ開講中です。

【翻訳】SDL Trados Studioブックレットが公開

Trados-booklet

新しいSDL ‪‎Trados‬ Studio公式のスタートアップ ブックレットが公開されました(作成は秋桜舎 )。無料でダウンロードできます。Studio 2015で導入された新機能を含め、詳しい機能の説明もしています。

ぜひご活用ください!

SDL MultiTermが起動しない場合の対処法

_DSC4692-2k

私が実際に遭遇した例です。Canonのプリンターを使っている方は特に当てはまります。Canon Easy-WebPrint EXがWindowsでのインストール用のパスを変更してしまうことが原因でした。

SDL MultiTermが起動しない場合の対処法

対処法にはレジストリー修正が含まれますので、説明をよく読んで慎重に行うことをお勧めします。この説明に沿って操作することで解決できました。

Solution Finderにはその他のインストール関連の問題の対策も記載されています。

『産業翻訳パーフェクトガイド』でSDL Trados Studio 2014を紹介

『産業翻訳パーフェクトガイド』最新版でSDL Trados Studio 2014の紹介記事を執筆しました。

_DSC6633-svga

私の記事は 『通訳・翻訳ジャーナル』2014年冬号とほぼ同じですが、Trados以外のツールの情報、翻訳者の仕事場、書類の書き方など実用的な最新記事が揃っています。

SDL Trados Starter edition早い者勝ち

_DSC6287-fb-cover

9/29から行われるProZ.comのオンライン イベントでは、SDL Trados Starter edition(1年間利用権)が先着順で無料配布されるとのことです。Trados以外のツールのセールなども行われています。

以下引用:
ProZ.com’s 2014 virtual conference for International Translation Day is FREE to attend.  500 attendees will receive a free 1 year subscription to SDL Trados Starter edition.  Register for the two-day event at http://www.proz.com/virtual-conferences/group/23/register

Event highlights include:

– 500 one year subscriptions to SDL Trados Starter edition as giveaways to attendees that visit the SDL Trados booth
– 50+ hours of schedule and on-demand sessions and content
– 30+ hours of LIVE content including Q&A sessions, panel discussions, chat rooms and more
– Earn 10 ATA CE credits (FREE)
– Save up to 50% on popular CAT Tools including SDL Trados, memoQ, Wordfast, Déjà vu and more
– Discounts on ProZ.com membership and training
– Panel discussions on “Machine translation” and “Meeting clients”
– Exhibit booths where you can chat live with exhibitors and software vendors (including prize giveaways)
– Recruitment posts covering most major language pairs/specialties

——

翻訳工学Facebookページでは企業での翻訳に役立つ情報を公開しています。ぜひご活用ください。

Glossary Converter 3.0でUTX用語集とMultiTerm用語ベースを相互変換

Glossary Converter 3.0が公開されています。ExcelなどとMultiTerm用語ベースを数秒間で相互変換するツールです。

Glossary Converter 3.0では、用語集形式UTX 1.11がサポートされました。   
 

glossary-converter3.0-1

 

glossary-converter3.0-2   

 

オプションでは、UTXはUniversal Terminology eXchangeと表記されています。   

 

無料でどなたでもダウンロードできます。

 

簡単にテストしただけですが、確かにUTXが直接MultiTerm用語ベースにできました。またMultiTerm用語ベースからUTXへの変換もできました。   
UTXで独自のフィールドを定義している場合は、変換時に割り当てが必要になります。

 

UTXヘッダー コメントも用語ベースの「詳細情報」に保持されています。著作権情報もばっちりです。すばらしい!

 

ぜひ各自でお試しいただき、既存の用語ベースがUTXになることを確認してみてください。

SDL Trados Studio 2014の記事を執筆

『通訳翻訳ジャーナル』(2014年冬号)にSDL Tradosの最新版Studio 2014の記事を寄稿しました。

_DSC3720-svga

Tradosってなに?という初心者の方向けの解説から、Studio 2014の新機能のツボまでご紹介しています。リボンをうまく活用するコツは、Office 2007以降にも応用できます。リボンの使い方を見直してみると、意外な発見があるかも。翻訳工学ページでもリボンの活用法を紹介していく予定です。