DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講

DHCの翻訳学習者向けの講座「ゼロからの翻訳」3が開講中です!

翻訳の学習や仕事は日々、手探りでしていることが多くありませんか?

本講座では、実践的内容を満載しており、翻訳の仕事に確実に役立てることができます。パソコンに自信がない人でも大丈夫。分かりやすく解説しています。

詳細とお申し込みはこちらから

商品性セクションのトピックの例

  • 原文および技術的原因による問題
  • 悪訳とその直し方
  • コーパスの活用
  • 訳文を読みやすくするための日本語作文
  • 翻訳支援ツールの実践(Memsource、SDL Trados)
  • ポストエディットの実践

知識・調査力 セクションのトピックの例

  • 仕事を得る流れ
  • トライアル合格を目指す
  • コーディネーター(プロジェクト管理者)の仕事
  • 文書の構成を理解する
  • Wordの高度な活用
  • 専門分野の調査
  • 自分のウェブサイトを作る
  • 用語集を作る

詳細とお申し込みはこちらから

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」を執筆

DHCの「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳2』強化コース」が開講しました。

「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳1』基礎コース」の続編です。

  • 「スタイルガイド、翻訳支援ツール、HTML、XMLってなに?」
  • 「Wordがうまく使えない」
  • 「音声で文章をチェックできるの?」
  • 「機械翻訳って翻訳の仕事で使えるの?」

そういった疑問にお答えします!

私は 「知識・調査力」/「商品性」セクションを執筆しました。翻訳実務にすぐに役立つ具体的なノウハウを基礎から解説しています。

初心者の方が主な対象ではありますが、IT活用が苦手な方、不安がある方にぜひ受講いただければと思います。

続編「ゼロからの翻訳3」も2020年に開講しました。

AAMT機械翻訳課題調査委員会とUTX

2019年3月20日は、AAMT(アジア太平洋機械翻訳協会)機械翻訳課題調査委員会の最後の会合でした。この委員会は、AAMTの体制変更に伴い解散することとなりました。関係者の皆様、長い間お疲れ様でした。

私は2006年からAAMTに参加し、その後、ワーキンググループ3「標準化」のリーダーとして用語集形式UTXの策定を行いました。AAMTでは、言語処理学会、情報処理学会MT Summitなどでの発表をしたほか、ISOの委員としても国際会議で発表させていただきました(UTX関係の発表)。

UTXやUTXに基づく用語データは、企業や官庁で用語管理に活用いただいています。

用語データは翻訳での縁の下の力持ちであり、表舞台に出ることはありません。残念ながら日本では用語管理の考え方は未だに十分に浸透していません。 ニューラル機械翻訳の時代でも、特に技術翻訳・実務翻訳で、用語管理は、翻訳品質を維持するうえで最重要の要素です。

委員会の解散に伴い、UTXの標準化活動は終了します。これまで策定されたUTX用語データは今後とも問題なくお使いいただけます。

UTX仕様書等の使用許諾は、Creative Commons 4.0 BYからCC0 1.0(パブリック ドメイン)に変更され、こちらもどなたでもお使いいただけます。当面はAAMTウェブサイトで継続して公開されます。

UTX簡易仕様書(3ページ)を公開

用語データ形式UTX簡易仕様書の日本語・英語版をAAMTで公開しました。

UTXの最小限の基本をわずか3ページにまとめた仕様書です。

翻訳、 機械翻訳 、技術文書で専門用語をうまく扱いたい方は必見。

シンプルな用語データ形式といいながら詳しく説明したいがために38ページになっていた仕様書を思い切って短くしました。

UTXの詳細を知るには、公式仕様書をご覧ください。

セミナー【終了】「はじめての翻訳支援ツール(CAT)セミナー ~Trados&Memsource~」「ポストエディット セミナー ~機械翻訳とこれからの展望~」

インタースクール東京校で、12月16日土曜日に「翻訳1DAYセミナー&ワークショップ」を行います。同じ日に複数セミナーを行います。両方ともご参加いただけます。人数が限られておりますのでお早めに。(講師は山本ゆうじ)
●はじめての翻訳支援ツール(CAT)セミナー ~Trados&Memsource~
時間: 13:00~15:00
●ポストエディット セミナー ~機械翻訳とこれからの展望~
時間: 15:30~17:00
http://www.interschool.jp/school/topics/148

『Japio YEAR BOOK 2017』にニューラル機械翻訳活用について寄稿

『Japio YEAR BOOK 2017』で「ニューラル機械翻訳に対する特許庁UTX用語データによる用語ポストエディット」という記事を寄稿しました。全文を無料でお読みいただけます

その他の記事やバックナンバーはこちらから

2016/11/25の特許情報シンポジウムで特別講演

_DSC8242-2k

2016/11/25の特許情報シンポジウムで特別講演をさせていただきます。
「文章と翻訳の品質を改善する―構造化用語データUTXによる用語管理と実務日本語ルール」
当方の講演は、UTX用語集の解説が主ですので特許に詳しくない方でもどうぞ。参加費は無料ですが、受付は先着100名様までとなります。シンポジウムでは、Google翻訳で導入されて英日・日英でも精度が上がったと話題のニューラルネットワーク機械翻訳の講演もあります。お誘い合わせの上、多数のご来場をお待ちしております。

MTフェア2016が6/17に開催【終了】

_DSC2441_stitch-16MP

MTフェア2016が6/17に開催されます。秋桜舎・山本ゆうじはAAMTのブースにおります。

翻訳者・西野竜太郎さんによる翻訳品質についての講演、各社の展示など盛りだくさんの内容です。機械翻訳(翻訳ソフト)の専門家が集結し、最新の技術をビジネスにどう役立てることができるかお答えします。

入場は無料です。多数のご来場をお待ちしております。

MT(機械翻訳)フェア2015が開催

_P1M0484-2k

6/16(火)に、MTフェア(機械翻訳フェア)2015が開催されます。入場無料。特別講演、モデレーテッド セッション、ブース展示などがあります。AAMTのUTXのブースでは、UTXのご説明とUTX変換ツールのデモをします。多数のご参加をお待ちしております。

□招待講演

(1)「訪日旅行客への対応と自動翻訳技術への期待」        15:00~15:30

小野沢由宇(株式会社ドン・キホーテ

営業支援室兼インバウンド強化委員会 ヘッドチーフ)

(2)「多言語対応 1:Nに対する有効対策」        15:30~16:00

吉川健一(株式会社ブリックス 代表取締役社長)

□モデレーテッドセッション        16:30~18:00

「機械翻訳はどこまでできるか・どう使うか?

~翻訳業界・産業界・機械翻訳業界による現状分析と今後の期待?」

詳細は以下から。

http://www.aamt.info/japanese/act/event/soukai2015.php

用語集形式UTXとはなにか

_DSC9147-2k

(用語集形式UTXとはなにか、UTXの基本的な利点を分かりやすくご説明します。)

用語集形式UTXとは、用語集(用語データ)を作るための一定の形式です。

ご存じのように、通訳・翻訳では多数の専門用語や固有名詞が出てきて、正しく訳す妨げとなります。用語のデータとしての形式を統一することにより、多人数の通訳者・翻訳者で共有・再利用がしやすくなります。特定分野でこのような用語集が日々、少しずつでも蓄積されると、用語調べの時間を節約でき、正確な用語で翻訳できるため、通訳・翻訳品質の向上に大きく役立ちます。

逆に言えば、用語集がいくつもあり、それぞれの形式がバラバラだと活用しにくくなり、せっかく作った用語集が埋もれてしまいます。

UTX用語集を使うと、たとえば、企業や自治体が、通訳者・翻訳者に「このような用語で訳してほしい」という要望を伝えることができます。また、逆に、通訳者・翻訳者が「このような用語で訳しました」という情報を集めて、用語集にすることもできます。さらに、「このようには訳さないでほしい」という情報も決まった形で管理することができます。このように、「一定の形で用語集を作る」ことを徹底することで、「何をどのように訳すか」を確実にやり取りできます。

「用語集は作るのが面倒」と敬遠されがちですが、UTXでは、作りやすい・管理しやすいシンプルさを徹底しているため、Excelで管理できる形式としています。